2014/6/15 更新

5月16日(金)


200名山 その9 妙義山(上級ルート縦走)


駐車場7:40→妙義神社7:45→大の字8:35→辻8:50→見晴9:15→9:40大のぞき9:50→天狗岩10:25→タルワキ沢のコル10:45→11:05相馬岳11:20→国民宿舎分岐11:30→

茨尾根のピーク12:15→ホッキリ12:25→女坂分岐12:35→鷹戻しの頭13:45→エスケープルート分岐14:20→東岳14:35→15:00中ノ岳15:05→西岳分岐15:20→石門分岐15:55→16:20中之獄神社

CT:8:05 

山ガール率:0%  ダメージ率:5% 装備C−

 去年は妙義の中間道を歩いてみた。しかし、ピークを踏んでおらず、それでは200名山制覇にあらず。今日は谷川岳並に遭難者が多い妙義縦走ルートにトライする。とーっても恐いぞ。釣り好きなチャレンジャーと共に行く。
まずは大の字までひと汗かいて到着。
前回びびって引き返した見晴らしまで来た。ここから先は未踏。さらに気を引き締めて行く。
早速、鎖が現れるが落ち着いて行けば大丈夫
大のぞきで一休み。
この先に向かう天狗岩。
大のぞき先の長い下り鎖。
大のぞき鎖を下り普通の登山道を進むと見晴らしの良い場所に出た。ここが天狗岩!?と思いGPSで現在地を確認するが何か違うよーな・・・
さっきの見晴らしから東へ進むと天狗岩に出た。ありゃ。これは逆に戻っているぞ。
再度、来た道を戻る。先ほど大のぞきから来た道。そもそもこれはトラロープが張ってあり、間違った登山道だったみたい。ここで左折しちゃったから間違った。
本線に戻り正常な縦走開始。
相馬岳。200名山的にはここでクリア。
おにぎり1つ食べて回復。
相馬岳からの下りが地味に危険。急な上に浮き石があり上下登山者が交差すれば危険。
国民宿舎分岐。
さらに地味に危険な下り。
茨尾根を進む。
茨尾根のピークは絶景。
裏妙義から浅間山までよく見える。
そして堀切。最危険箇所の鷹戻しを避けるならここが最終エスケープルート。
ヘルメットを確認し進む。縦走路上では道が細く休める場所がなかなか無い。この辺で最後の休憩をとり鷹戻しに備える。
そして鷹戻しにアタック。
オーバーハング気味な小さな鎖を越える。
そして、踏み外せば、下は無いはしごを登る。恐ぇーよ(>_<)
鷹戻し本番鎖場開始。
三点支持でゆっくり確実に登る。
途中、岩場から禿げた木の根が鎖に絡んでる。この木が落ちたら鎖はどうなるんだろう。
鎖を登り後続者を待つ。
この鎖の下は断崖絶壁。
 全員無事クリア。鷹戻しの頭に着いたはよいが道の先は垂直の崖。しかも、鎖が無い。こんなトコどうやって進むんだ!?同行釣り師の先行により岩場を下り登山道に出る。ここは本当の登山道だったのかは未だに謎。
さっきの鎖無し降下を思えばルンゼ内25m鎖など何のその。
縦走路はまだ先へ続くがここから第四石門へ下ることも出来る。相談の結果、縦走をやりきるルート取りに決定。
金鶏山が真横へ見える位置まで来た。
両側切れ落ちており一瞬でも気を抜けば転落。今回はずっとこんな道ばっかり。
 東岳から下ろうとこの場所を進むと途中から垂直の岩場になり下に道が無い。困っていると、同行者が山頂から反対方向にある鎖を見つけてくれる。助かった。一人だったら無理してここを下っていたかもしれない。
さらに危険な道が続く。
午後になり風が強くなってきた。うなりを上げる音に恐怖が倍増。
風が弱まるタイミングを見計らい進む。
眼下を見下ろすと畑で土煙が上がっていた。下ってみて知ったが強風により上信越道で速度規制がかかっていた。そんな強風の日であった。
中ノ岳。
沢山の鎖を味わって満腹。
するとやっと縦走路終点についた。この先は西岳に続く立ち入り禁止区域。
下り石門分岐。
中ノ嶽神社に無事縦走出来た感謝のお参り。
駐車場にでた。
縦走路最終地点の一部を見上げて満足感に浸る。恐くて緊張してて、記憶があんまり無い。
 去年は改修して入れなかったもみじの湯で汗を流す。今回のコースは超上級ルートと言われている。登坂用具や技術がある人以外は立ち入り禁止らしい。どちらも無いが行って来る事が出来た。今となってみればそれほど大げさなコースでも無い気がする。しかし、もう2度と行こうとは思わない。100人行けば1人は死ぬ。そう思わせる山だった。



次の日へ



トップページへ戻る
inserted by FC2 system